サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」

イタリア・ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の
「最後の晩餐」。レオナルド・ダ・ヴィンチが1495年から
1498年にかけて完成した壁画で、イエス・キリストが十字架で
死ぬ前日、十二人の弟子との夕食をテーマに表現した作品である。
画家レオナルド・ダ・ヴィンチは、この絵のために聖書を読み、
弟子たちの性格を把握し、すべての描写に力を注いだ。
「あなたたちの一人が私を裏切るだろう」という
イエスの言葉を聞いた驚き、疑問、不安、心配など、
さまざまな反応のすべてを表現した。
他の画家が描いた「最後の晩餐」は多かったが、
この作品が注目されるのにはさまざまな理由がある。
まず、「ユダ」を十二人の弟子の中に含ませて
並んで座るように描き新鮮さを出した。
以前の作品が「ユダの裏切り」という話に焦点を
合わせたレオナルド・ダ・ヴィンチは、
壁画の造形性に力を注いだ。


 

しかし、この作品は他の壁画に比べ状態が良くない。
これは、彼が当時の壁画を描くとき、濡れた壁に顔料を
塗るフレスコ技法を使わず、乾燥した壁に
直接テンペラ顔料と油で絵描いたからである。
新しいことを試みた作家のチャレンジ精神の結果を
見ることができる。 従来の伝統的な方法を超える
レオナルド・ダ・ヴィンチの創造性、
崇高な表現方式など、
この作品はルネサンス全盛期の
最も優れた成果として評価される。
1980年にユネスコはこの作品が所蔵されている
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会を
世界文化遺産に認定した