サラダをさらにおいしく楽しむことができる材料

 

イタリア人は一度だけの人生を存分に楽しもうと考えている人が多い。
食べることにも特有の楽しむ精神があり
それに基づいて発展を遂げた一つがサラダで、
いくつかの材料やさまざまな味と香りで成長した。
チーズの種類に応じて数多くのサラダがあることや、
入る材料に応じてそれぞれ異なって名前で呼ばれる。

 

雪のように丸くて真っ白なチーズ「ブラタ」
ブッラータはイタリアのプーリアに生産されている
伝統的なフレッシュチーズで、
モッツァレラとクリームの混合で作られていて
表は白を帯びる球状である。
イタリア語で「バターのような」という意味をで、
口の中に入れるとスムーズに溶け込む。
当日の牛乳のみで作成され、
48時間以内に摂取しなければならないので、
いつも新鮮に食べることができる材料の一つである。
サラダやパン、トマトやオリーブオイルを
一緒に添えて食べたりする。

 

ひよこ豆で作った浸るソース」フムス」
黄色でムースのような質感で、
メッシュポテトと似た食感だ。
ひよこ豆を煮て蒸しオリーブオイルと
各種スパイスを混ぜたソース。
ビタミン、タンパク質、食物繊維が豊富で、
コレステロールを下げてくれる
低カロリー食品として有名。
香ばしくて淡泊な味でグリル野菜を
一緒に添えてもよい。
グリル野菜とフムス、サラダは、
前采料理にもぴったりだ。

 

残りの材料を集めて即興で作ったサラダ
シーザーサラダはロメインレタスと
クルトンのパルメザンチーズ、レモン汁、
卵、ニンニク、オリーブオイル、ウスターソースなどで
作ったドレッシングを和えて食べるサラダだ。
洗練された名前とは別で即興で
誕生したサラダである。
過去シーザー・カルディーニシェフが
突然集まってくる客のために、
サラダの材料が不足すると、
キッチンにある残りの材料を集めて
即興で作ったサラダである。
ロメインレタスだけ獲得切らないまま
テーブルから直接ドレッシングで和えて皿に盛り、
人々が手でつまんで食べたことが
シーザーサラダの始まりだ。
以後ロメインレタスを一口サイズに切って、
フォークでつまんで食べることができるようになった。