イタリアのラグジュアリーリゾート、ポルトフィーノ

イタリアのラグジュアリーリゾート、ポルトフィーノ

三方が海に覆われたイタリア。 
特に北西のリグーリア海岸には、 
自然と調和した町があちらこちらに存在する。 
青い海と断崖に位置する原色の 
家々たちの 風景画を見る為に、 
毎年多くの観光客が訪れる。 
チンクエ・テッレは代表的に有名、 
これに比べてあまり知られていなかった 
リグーリア州ジェノヴァの 
ポルトフィーノ(Portofino)は、 
美しい港と風景で、有名人やお金持ちの 
豪華リゾートで有名になった。 
英国のサッカー選手、ウェイン・ルーニーが、 
この場所で結婚式を挙げ、フェラーリが 
この地域の名を冠した車を発売し、 
さらに多くの人々に名前を知らせた。 
これらの名声を証明するように 
ポルトフィーノの海には、 
高級なヨットが多く、 
富豪たちの別荘や豪華なホテル、 
高級品ショップが軒を連ねる。 
以前のポルトフィーノは 
村の海にイルカがたくさんいて、 
美しいイルカの湾と呼ばれた小さな漁村だった。 
地形半島が外海の荒波を防ぎ、 
地形が奥深くに入っており、 
海というよりは湖のような 
穏やかな海の波が特徴で、 
静かで魅力的な周辺の美しい景色で 
多くの人々に愛される観光地として 
発展するために十分な場所だった。 
2013年には「アンドレア・ボチェッリ」の 
「ラブインポルトフィーノ」が開かれ盛況を成し、 
それによってポルトフィーノが 
これらの間でさらに人気を集めるようになった。 
 

ブラウン城

ポルトフィーノを訪れるなら、
ぜひおすすめするのがブラウン城。
道中あちこちに魅力的なフォトスポットが満載で、
島全体のさまざまな角度からみた景色を、
フロアごとに眺めることができる。
この城は、防衛目的で使用したものと思われている。
1554年の軍事建築家
ジョヴァンニ・マリア・オルジアティが
城全体を要塞化する計画を立て、1557年に完成した。
1662〜1624年にさらに拡大し、
1世紀半ほど過ぎた1798年、
ナポレオン支配時に英国の攻撃を受け、
小さな塔が破壊された。
その後1867年、当時ジェノバにいた
イギリス人領事の
モンタギュー・イェイツ・ブラウンの手に渡った。
これを契機にマンションにリフォームされ、
1961年にポルトフィーノ市に越した。
オーストラリア出身でイギリスの作家
エリザベス・フォン・アーニム(Elizabeth von Arnim)が
1922年、「4月の誘惑」を執筆し
同年ここで映画が撮影された。